ラトビア

110件中 31~40件を表示しています

85周年を迎えたラトビアの世界遺産「リガ中央市場」

85周年を迎えたラトビアの世界遺産「リガ中央市場」

今年85周年を迎える「リガ中央市場」は、およそ70,000平方メートルもの面積を誇るヨーロッパ最大級の市場。平日には、約8万人が利用する活気溢れる市場で、リガを代表する観光地の一つにもなっている。 オープンした1930年  [詳細はこちら]

ラトビア

リガ大聖堂の大晦日コンサート

リガ大聖堂の大晦日コンサート

大晦日にリガ大聖堂で行われるオルガンコンサートは、リガ恒例イベント。平和と静かな黙想の時間が、大聖堂の丸天井に響き渡る。このコンサートでは、若手奏者からラトビア屈指のマスター達まで、幅広い世代の奏者による演奏が楽しめる。

ラトビア

冬のラトビアの風物詩「ヨーロピアン・クリスマス」

冬のラトビアの風物詩「ヨーロピアン・クリスマス」

毎年12月にリガやラトビア国内の各地で開催される「ヨーロピアン・クリスマス」は、様々なコンサートホールや教会を舞台に「ヨーロッパの伝統的なクリスマス・ミュージック」が楽しめる音楽フェスティバル。バッハやハイドン、モーツァ  [詳細はこちら]

ラトビア

リガ旧市街のクリスマスマーケット

リガ旧市街のクリスマスマーケット

リガの旧市街でクリスマスマーケットが始まると、街中には甘くスパイシーなホットワインの香りと芳ばしく炒ったアーモンドの匂いが漂う。クリスマスマーケットはリガのこの季節の風物詩となっており、これを目的に海外から訪れる観光客も  [詳細はこちら]

ラトビア

12月5日、ユールマラでウィンター・バザール開催

12月5日、ユールマラでウィンター・バザール開催

沿岸リゾートとして名高いラトビアのユールマラの中心に、「マユアリ(Majori)」という小さな可愛らしい町がある。そのマユアリで12月5日、子どもから大人まで楽しめるウィンター・バザールが開かれる。このバザールには、ラト  [詳細はこちら]

ラトビア

ラトビアの「ラーチプレースィス・ディ」

ラトビアの「ラーチプレースィス・ディ」

11月11日は、ラトビア軍がパヴェル・ベルモント=アヴァロフ将官率いる西ロシア軍に勝利をおさめた記念すべき日。現在は、ラトビアの自由のために戦った兵士らを称える日となっている。 1918年11月の独立宣言から、1年後の1  [詳細はこちら]

ラトビア

今秋、リエパーヤに新コンサートホールがオープン

今秋、リエパーヤに新コンサートホールがオープン

ラトビア西部に位置するリエパーヤは、「音楽の街」として知られる海岸都市。ラトビアのロック発祥の地とも言われ、夏には有名な音楽フェスティバルがいくつも開催され、音楽に関するモニュメントも街中にはロックカフェが多数点在。歩い  [詳細はこちら]

ラトビア

ラトビアの風物詩「秋の室内楽フェスティバル」

ラトビアの風物詩「秋の室内楽フェスティバル」

ラトビアの風物詩「秋の室内楽フェスティバル」は、音楽を通じてカラフルなラトビアの秋が楽しめる音楽祭だ。 この数年、世界で名高いラトビアの作曲家ペーテリス・ヴァスクスによって支えられている音楽祭で、特徴は演奏者と観客の距離  [詳細はこちら]

ラトビア

ラトビアの「聖ミカエル・デー」

ラトビアの「聖ミカエル・デー」

9月26日の「聖ミカエルの日」。この日はちょうど「秋分の日」にあたることから、リガの旧市街では「収穫祭フェア」を含む様々なイベントが催される。 ドーム広場では、ハンドクラフト製品や地元で採れた新鮮な野菜、美味しい食べ物な  [詳細はこちら]

ラトビア

リガ大聖堂で「聖楽コンサート」を楽しむ

リガ大聖堂で「聖楽コンサート」を楽しむ

バルト三国最大、かつ屈指の古さを誇るリガ大聖堂。ロマネスク、ゴシック、バロックなど、複数の建築様式が融合されたユニークな外観が特徴で、内部にはリガの歴史を刻むステンドグラスが見られる。 また、聖堂内にはかつて世界最大(現  [詳細はこちら]

ラトビア

1 2 3 4 5 6 7 8 9 11

このページの先頭へ