ラトビア

113件中 51~60件を表示しています

ラトビア デザイン&アートウィーク東京

ラトビア デザイン&アートウィーク東京

ラトビアのコンテンポラリー・アート及びデザインをご紹介する展示会が、南青山のアタリーで明日から5月20日まで開催される。 ラトビアのデザイナーやアーティストは、自然や自然とのハーモニー、そこから生まれる美しさからインスピ  [詳細はこちら]

イベント&フェア, ラトビア

ラトビア国立歴史博物館で「リガ城 500年の歴史展」開催

ラトビア国立歴史博物館で「リガ城 500年の歴史展」開催

5月6日よりラトビア国立歴史博物館において、展示会「リガ城 500年の歴史」がスタートする。 時代の変遷の中で、その姿を変えてきたリガ城。同展では、残されている図面や詳細な計画図案、デッサンなど貴重なアイテムが余すところ  [詳細はこちら]

ラトビア

2016秋、日本×ラトビア共同制作映画『魔法の着物』の公開が決定!

2016秋、日本×ラトビア共同制作映画『魔法の着物』の公開が決定!

ラトビアの首都リガと神戸を舞台とした桃井かおり主演の映画『魔法の着物』(ラトビア語:Maģiskais kimono)の公開が、2016年秋に決定した。ラトビア出身のマリス・マルティンソンス監督の新作となる本作品は、神戸  [詳細はこちら]

ラトビア, 編集部便り

「第11回ラトビア青少年による歌と踊りの祭典」開催

「第11回ラトビア青少年による歌と踊りの祭典」開催

「ラトビアの歌と踊りの祭典」が、初めて実施されたのは1873年のこと。ラトビアは「歌と踊りの民」とも呼ばれ、フェスティバルで繰り広げられる歌やダンスの伝統が、この国のアイデンティティと文化の土台になってきたと言っても過言  [詳細はこちら]

ラトビア

ラトビア国立オペラ座の新作初演 《2015》

ラトビア国立オペラ座の新作初演 《2015》

90年以上の歴史を誇るラトビア国立オペラ座は今年、2つの初演を迎える。その1つが、2月20日に幕を開けたジャコモ・プッチーニの『マノン・レスコー』、もう1つが3月27日から始まるアイヴァルス・レイマニスバレエ団の『ライモ  [詳細はこちら]

ラトビア

乃木坂で「ラトビア モダン&クラフツ展」開催

乃木坂で「ラトビア モダン&クラフツ展」開催

   ~ ミトン、靴下、バスケット、ラトビア映画の3週間 ~ バルト3国の1つ、ラトビア共和国の生活文化、伝統に根ざした手工芸と、現代ラトビアを語る映画を紹介する「ラトビア モダン&クラフツ  [詳細はこちら]

イベント&フェア, ラトビア

スィグルダ恒例のウィンターフェスティバル

スィグルダ恒例のウィンターフェスティバル

2015年3月14日、ラトビアのウィンタースポーツのメッカであるスィグルダで、恒例のウィンターフェスティバルが開催される。 一般の人も参加できるスポーツ競技の他、文化プログラムやエンターテイメントプログラム、アートイベン  [詳細はこちら]

ラトビア

2014年欧州文化都市、リガの「ヨーロッパ・クリスマスコンサート」

2014年欧州文化都市、リガの「ヨーロッパ・クリスマスコンサート」

2014年の欧州文化都市リガの12月を飾るのは、ヨーロッパのクリスマスコンサート。12月6日からほぼ一月、コンサートホールや教会などリガの各所で美しい音色が響き、街は喜びに包まれる。 同コンサートには、ラトビアの国内外か  [詳細はこちら]

ラトビア

冬至には、ラトビア野外民俗博物館で「丸太引き」体験!

冬至には、ラトビア野外民俗博物館で「丸太引き」体験!

ラトビア野外民俗博物館では、昔ながらの遊びや歌、儀式や占いなど、冬至の日ならではの体験をすることができる。中でも冬至といえば、奇妙なお面を被った人々が浮かれ騒ぎながら丸太を引き、家から家へと渡り歩く「丸太引き」。これには  [詳細はこちら]

ラトビア

リガのスモール・ギルドホールで過ごす大晦日

リガのスモール・ギルドホールで過ごす大晦日

リガ旧市街のほぼ中心、リーヴ広場にほど近いスモール・ギルドホールでは、大晦日の晩、ここでオーケストラの伴奏つきダンスが一晩中繰り広げられる。事前にワインと軽食付きの席を予約しておくことも可能。新しい年は、スモール・ギルド  [詳細はこちら]

ラトビア

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

このページの先頭へ