エストニアの世界遺産「キヒヌ島の伝統的なライフスタイル」

更新日: 2017年07月04日

情報提供:エストニア政府観光局

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - エストニアの世界遺産「キヒヌ島の伝統的なライフスタイル」
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed


エストニアの西海岸から船で1時間ほどのキヒヌ島。およそ600人が暮すこの小さな島では、伝統的な習慣が大切に守られ、ライフスタイルとして日常に溶け込んでいる。


Traditions in Kihnu Island

伝統を守りながら暮すキヒヌ島の女性たち (c) Visit Estonia



島の女性たちが身に纏っているのは、伝統的な織り機と地元産の羊毛を使った衣類。明るい、色鮮やかな縞模様が特徴で、そこに手の込んだ刺繍が施されている。女性たちは、そうした手袋や靴下、スカート、ブラウスなどを、自ら織ったり編んだりしている。

また、キヒヌ島の結婚式は、紀元前からの信仰に基づき3日間続けてセレモニーが行われている。こうした「キヒヌ島の伝統的なライフスタイル」は、ユネスコの世界遺産に登録されている。

(写真はイメージです)

関連記事

    None Found

新着記事


このページの先頭へ