KGB国家保安委員会本部のあった建物が一般公開

更新日: 2014年03月06日

情報提供:ラトビア政府観光局

画像・動画(C) ラトビア政府観光局

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - KGB国家保安委員会本部のあった建物が一般公開
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed



Cheka


元ラトビアKGB(ラトビア・ソビエト社会主義共和国国家保安委員会)の本部が置かれていた建物が、リガ欧州文化首都となる今年、期間限定で一般公開されることになった。
リガの中心部にあるこの建物は、1階にレストランやショップが入った住居用マンションとして1912年に建設された6階建ての建造物。当時流行したユーゲント・シュティール(アール・ヌーヴォー)調のデザインで、一般的な住居用マンションよりも商業的要素を含むものであった。現在この建物は、リガ市民の間で「House on the Corner」や「Cheka」などと呼ばれている。

ここにKGB国家保安委員会の本部が置かれたのは、ラトビアがソ連によって支配された1940年6月17日以降のこと。
もともと商業スペースになっていた1階部分は拷問や処刑場となり、ここで罪の無い多くのラトビア人が傷つき命を落とした。
第二次世界大戦後には、1991年まで再拘留のための刑務所として使用。そして、ラトビア独立後にラトビア国家警察の本部が置かれたが、2008年に移転してから廃墟となり放置されていた。

しかし、今年リガが「欧州文化首都」に選ばれたことを受け、そのプログラムの一環として2013年にソ連占領下時代の特設展示会が発足。その閉ざされた闇の建物を、一時的に博物館として公開するプロジェクトが進められてきた。
博物館が公開されるのは、4月30日から10月30日まで。ここに建物の歴史的な背景に加え、それによって影響を受けた人々の人生に焦点を当て、様々なテーマに基づいた写真や映像、当時の生活道具などがそのまま展示される。
そして、ソ連やドイツ支配による犠牲者を哀悼すると同時に、目を背けてはならない歴史の事実を人々に訴える。

Izstaigā Stūra māju

公開期間

2014年4月30日~10月30日

ウェブサイト

http://okupacijasmuzejs.lv

(写真はイメージです)

関連記事

新着記事


このページの先頭へ