ルフトハンザ

10件中 1~10件を表示しています

ルフトハンザ、エアバス A350-900型機 を羽田/ミュンヘン線に導入

ルフトハンザ、エアバス A350-900型機 を羽田/ミュンヘン線に導入

ルフトハンザ ドイツ航空(以下、ルフトハンザ)は、2017年12月1日(日本発12月2日)より羽田とミュンヘンを結ぶ直行便に、世界最新の長距離路線用機材「エアバス A350-900 型機」を導入し、毎日運航する。革新的な  [詳細はこちら]

ルフトハンザ

ルフトハンザ、長距離国際線のチェックイン締切時間の変更

ルフトハンザ、長距離国際線のチェックイン締切時間の変更

2017年7月19日より、米国行きの全フライトにおいて保安検査が強化されることから、空港での所要時間が長くなることが想定されている。iPadなどの小さな電子機器類はこれまで通り機内に持ち込めるが、検査の対象となる。 これ  [詳細はこちら]

ルフトハンザ

ミュンヘン空港で、新サテライトターミナルの運用がスタート!

ミュンヘン空港で、新サテライトターミナルの運用がスタート!

2016年4月26日、ミュンヘン空港に新サテライトターミナルがオープンした。ミュンヘン空港の第2ターミナルに新設された本ターミナルは、ミュンヘン航空会社(FMG)とルフトハンザ ドイツ航空の共同事業で実現した、ドイツ発の  [詳細はこちら]

ルフトハンザ

ルフトハンザがミュンヘン=グラスゴー線を新設

ルフトハンザがミュンヘン=グラスゴー線を新設

2015年5月16日よりルフトハンザが、ミュンヘン=グラスゴー路線を新設。スコットランドの音楽とデザインの都市グラスゴー(GLA)と、バイエルンの州都ミュンヘンを毎週土曜日に結ぶ。また、3月末からは、ミュンヘンからペルー  [詳細はこちら]

ルフトハンザ

3月18日、ルフトハンザ航空ストライキ情報

3月18日、ルフトハンザ航空ストライキ情報

2015年3月18日(水)に、ルフトハンザ航空のパイロット労働組合によるストライキが通告され、ドイツ国内を飛ぶ近距離便、欧州各国へ向かう中距離便で、計750便の欠航が予定されています。欠航便リストは、こちらに発表されてい  [詳細はこちら]

ドイツ, ルフトハンザ

フランクフルト空港が無料Wi-Fiの利用時間を延長

フランクフルト空港が無料Wi-Fiの利用時間を延長

フランクフルト空港では、利用客に対し無料でWi-Fiを提供しているが、この程その時間が30分から1時間へと延長された。 なお、1時間を超える利用については、1日あたり4.95ユーロで提供している。 詳細はルフトハンザ、も  [詳細はこちら]

ルフトハンザ

フランクフルトやミュンヘンから、ノンストップ便が羽田へ!

フランクフルトやミュンヘンから、ノンストップ便が羽田へ!

2014年3月30日よりルフトハンザが、フランクフルト、およびミュンヘンと東京・羽田空港を結ぶノンストップ便をそれぞれ毎日1往復運航。これまでの到着地だった成田国際空港(以下、成田空港)は引き続きネットワークにとどまり、  [詳細はこちら]

ルフトハンザ

ルフトハンザ無料受託手荷物の規則変更のお知らせ

ルフトハンザ無料受託手荷物の規則変更のお知らせ

2013年10月1日の発券分より、ルフトハンザドイツ航空の日本発着便のエコノミークラスをご利用のお客様に対する無償受託手荷物の規則が変更となった。 新しい規則では、無償で預けらえる手荷物の重量は23キロまで、縦、横、高さ  [詳細はこちら]

ルフトハンザ

ルフトハンザドイツ航空、ドイツのコールセンターの電話番号が変更

ルフトハンザドイツ航空、ドイツのコールセンターの電話番号が変更

ドイツでのルフトハンザ コールセンターの電話番号が変更になった。新しい電話番号は以下の通りで、毎日24時間体制で営業をしている。なお、その他のルフトハンザ コールセンターはこちらで検索が可能。

ルフトハンザ

ルフトハンザが長距離路線便で通信サービス「FlyNet®」を提供

ルフトハンザが長距離路線便で通信サービス「FlyNet®」を提供

ルフトハンザの長距離路線機内では、最初の機内ブロードバンドインターネット接続、「ルフトハンザFlyNet®」が次々に導入されており、2012年末までにはルフトハンザ長距離路線のほとんどの機材での導入される。(A380とB  [詳細はこちら]

ルフトハンザ

このページの先頭へ