航空関連

248件中 211~220件を表示しています

ターキッシュ エアラインズ、4月1日以降発券分の燃油サーチャージ

ターキッシュ エアラインズ、4月1日以降発券分の燃油サーチャージ

ターキッシュ エアラインズの新しい燃油サーチャージは、以下の通り。適用は、2015年4月1日発券分より。

ターキッシュ エアラインズ

カンタス航空、成田=ブリスベン間が増便されデイリー運航に!

カンタス航空、成田=ブリスベン間が増便されデイリー運航に!

就航予定のカンタス航空の成田=ブリスベン便が4便から7便への増便が決定し、2015年8月よりデイリー運航となる。すでに決定している羽田=シドニー間の直行便デイリー運航と合わせると、カンタス航空は日本=オーストラリア間を週  [詳細はこちら]

オーストラリア, 航空関連

メッシに会える?!ターキッシュ エアラインズがスポーツアンバサダーを募集中

メッシに会える?!ターキッシュ エアラインズがスポーツアンバサダーを募集中

bjリーグのネーミングライツスポンサーであるターキッシュ エアラインズが現在、スポーツアンバサダー1名を募集している。 このスポーツアンバサダーに選ばれると、世界7ヶ国で開催されるスポーツ大会が観戦できる他、メッシとドロ  [詳細はこちら]

ターキッシュ エアラインズ

CX 香港/欧州・英国線におけるフライビーとの路線提携を発表

CX 香港/欧州・英国線におけるフライビーとの路線提携を発表

キャセイパシフィック航空は、イングランド南西部のエクセターに拠点を置くリージョナルエアライン、フライビー・グループとのコードシェア運航の対象路線を拡大することを発表した。 対象となるのは、パリまたはアムステルダムと英国の  [詳細はこちら]

キャセイパシフィック航空

キャセイパシフィック、携帯用電子機器の使用制限の緩和について

キャセイパシフィック、携帯用電子機器の使用制限の緩和について

キャセイパシフィック航空は、香港民間航空局(HKCAD)の携帯用電子機器使用の規制方針の改正に伴い、機内での一部電子機器について使用可能時間を緩和することを発表した。 この規制緩和は、2014年9月15日の7時55分香港  [詳細はこちら]

キャセイパシフィック航空

ニューアークとオセアニア方面行き「エコ得 アーリーバード スペシャル」

ニューアークとオセアニア方面行き「エコ得 アーリーバード スペシャル」

キャセイパシフィック航空は、4月30日までの期間限定でニューアークおよびオセアニア方面行きの特別割引運賃「エコ得 アーリーバード ニューアーク スペシャル」と「エコ得 アーリーバード オーストラリア・ニュージーランド ス  [詳細はこちら]

キャセイパシフィック航空

アリタリア・イタリア航空が東京=ヴェネツィア線を就航

アリタリア・イタリア航空が東京=ヴェネツィア線を就航

去る4月2日、アリタリア・イタリア航空が、東京=ヴェネツィア線を就航した。ローマ、ミラノに続き、日本からヴェネツィアへノン・ストップ便が運航されることにより、よりイタリアの旅が便利になる。同路線の運航は週2便。タイムテー  [詳細はこちら]

イタリア, 航空関連

フランクフルト空港が無料Wi-Fiの利用時間を延長

フランクフルト空港が無料Wi-Fiの利用時間を延長

フランクフルト空港では、利用客に対し無料でWi-Fiを提供しているが、この程その時間が30分から1時間へと延長された。 なお、1時間を超える利用については、1日あたり4.95ユーロで提供している。 詳細はルフトハンザ、も  [詳細はこちら]

ルフトハンザ

フランクフルトやミュンヘンから、ノンストップ便が羽田へ!

フランクフルトやミュンヘンから、ノンストップ便が羽田へ!

2014年3月30日よりルフトハンザが、フランクフルト、およびミュンヘンと東京・羽田空港を結ぶノンストップ便をそれぞれ毎日1往復運航。これまでの到着地だった成田国際空港(以下、成田空港)は引き続きネットワークにとどまり、  [詳細はこちら]

ルフトハンザ

2月1日より「トルコ航空」が社名を変更

2月1日より「トルコ航空」が社名を変更

今年日本就航25周年を迎え、今後さらなるグローバルな事業の拡大を図るトルコ航空が、2014年2月1日より名称を「ターキッシュ エアラインズ」に変更することが発表された。 同社は2013年11月4日より、成田=イスタンブー  [詳細はこちら]

ターキッシュ エアラインズ

1 17 18 19 20 21 22 23 24 25

このページの先頭へ