ベルギー

123件中 111~120件を表示しています

東京で「モンス市、アンヌヴォワ城、モダーヴ城ナイト」開催

東京で「モンス市、アンヌヴォワ城、モダーヴ城ナイト」開催

夏のバカンスシーズンに合わせ、モンス市、アンヌヴォワ城、モダーヴ城から担当者が来日。ベルギー観光局ワロン・ブリュッセルではそれに合わせ、トークショー&カクテルパーティーが開催される。 当日のトークショーはダミアン・ドーム  [詳細はこちら]

ベルギー

ゲントの街がミュージアムに!「TRACKT」

ゲントの街がミュージアムに!「TRACKT」

現在、ベルギーのゲントで文化イベント「TRACKT」が開催されている。ゲント市立現代美術館(SMAK)の芸術ディレクターを中心に始められた4ヶ月間に渡るアートプロジェクトで、期間中はゲントの街全体がミュージアムへと姿を変  [詳細はこちら]

ベルギー

ゲントのビール醸造所グルート

ゲントのビール醸造所グルート

ベルギーにあるビールの銘柄は800にもおよび、各地に醸造所がある。その中の一つ「グルート」はゲント旧市街にあるブリューワリーで、ホップではなく、ハーブを使ったビールが特徴だ。 中世の時代、ゲントはレイエ河を挟んで町が二分  [詳細はこちら]

ベルギー

今秋、ブルージュに新感覚のミュージアムがオープン!

今秋、ブルージュに新感覚のミュージアムがオープン!

この秋、ブルージュに新たな観光スポットが登場する。それがマルクト広場にオープンする「ヒストリウム」だ。 このヒストリウムは、美しい映像、音楽、香り、特殊効果など五感で体験できる新しいタイプのミュージアムで、あたかもブルー  [詳細はこちら]

ベルギー

アントワープ王立美術館所蔵「ジェームズ・アンソール-写実と幻想の系譜-」展

アントワープ王立美術館所蔵「ジェームズ・アンソール-写実と幻想の系譜-」展

ジェームズ・アンソール(James Ensor, 1860-1949)は、ルネ・マグリットやポール・デルヴォーと並び賞されるベルギー近代絵画を代表する画家の一人。仮面や怪物、骸骨といったグロテスクなモチーフを華麗な色彩で  [詳細はこちら]

ベルギー

「ベルギーグルメラリー in Tokyo」がスタート

「ベルギーグルメラリー in Tokyo」がスタート

2012年のブリュッセルとワロン地方は”グルメーイヤー”(Brusselicious 2012)。様々なイベントが開催されるのを機に、東京でも「ベルギーグルメラリー in Tokyo」と題したイベ  [詳細はこちら]

ベルギー

ホテル・アミーゴのタンタンルーム

ホテル・アミーゴのタンタンルーム

ベルギーのアーティスト、エルジェが生み出した好奇心にあふれる少年記者タンタンと、彼の充実なフォックステリア犬のスノーウィーは、20世紀半ばのコミック文化を席巻。この程、ブリュッセルのホテル・アミーゴに、このタンタンをテー  [詳細はこちら]

ベルギー

ファンアイクの「神秘の子羊」の修復計画が決定!

ファンアイクの「神秘の子羊」の修復計画が決定!

ゲントの大聖堂にある祭壇画「聖なる子羊の礼拝(神秘の子羊)」は、ファンアイクの傑作であると同時に、ベルギーの至宝の一つでもある。その美しさを次世代に伝えるため大規模な修復が、今秋から実施されることが発表された。 象徴性豊  [詳細はこちら]

ベルギー

フェルメール&タンタンキャンペーンがスタート!

フェルメール&タンタンキャンペーンがスタート!

今秋、オランダ+フランダース観光局が2つのテーマのキャンペーンを実施する。 オランダからは、いよいよ12月23日から東京・渋谷のBunkamuraで開催される「フェルメールからのラブレター展」を記念したキャンペーンだ。   [詳細はこちら]

オランダ, ベルギー

ブリュッセルの「ワロン地方館」がリニューアル

ブリュッセルの「ワロン地方館」がリニューアル

ブリュッセルの中心にあるグランプラスのすぐ隣、Marche aux Herbes 通りにある「ワロン地方館」が新しくなった。 レストランではワロン地方の美食が味わえるほか、名物を扱ったショップも併設されている。また、チョ  [詳細はこちら]

ベルギー

1 7 8 9 10 11 12 13

このページの先頭へ