What’s New

ヨーロッパ 中近東・アフリカ アジア 北米 中南米 オセアニア 南太平洋


バックナンバーはこちらからご覧下さい  

2736件中 2521~2530件を表示しています

バルト海沿岸の街で楽しむジャズ&スウィング

バルト海沿岸の街で楽しむジャズ&スウィング

かつてハンザ都市として栄えた北ドイツの都市、リューベック。 この街で5月25日から4日間に渡り、「インターナショナル・ジャズ&スウィングフェスティバル」が開催される。 同フェスティバルには、ドイツ北部はもちろん、デンマー  [詳細はこちら]

ドイツ

今夏、ベルギューン駅前に「アルブラ鉄道博物館」がオープン

今夏、ベルギューン駅前に「アルブラ鉄道博物館」がオープン

レーティッシュ鉄道アルブラ線とともに沿線の周辺風景として世界遺産に認定されているアルブラ谷のベルギューン村。この夏、このベルギューン駅前広場に「アルブラ鉄道博物館」が誕生する。 駅前にあったかつての武器庫を全面改修して造  [詳細はこちら]

スイス

マドリッドの地下鉄駅「Sol」の駅看板に要注意!

マドリッドの地下鉄駅「Sol」の駅看板に要注意!

マドリッドの地下鉄駅「Sol」の駅名が、サムスンの携帯の広告で1ヶ月だけ「Sol Galaxy Note」に変更されている。利用時には要注意!

スペイン

今秋からスタートする アリアの新演目が発表

今秋からスタートする アリアの新演目が発表

2009年のアリアのオープン以来、ラスベガスで7つ目となるシルク・ドゥ・ソレイユのショーとして公演がスタートした「ビバ・エルヴィス」が、この夏8月18日をもって終了することが発表された。 このビバ・エルヴィスに変わって、  [詳細はこちら]

ラスベガス

地底に広がる神秘の世界、ポストイナ鍾乳洞

地底に広がる神秘の世界、ポストイナ鍾乳洞

早今年も彼岸入りし、今日の東京は春の陽を感じる一日となりました。皆さまは祝日をどちらでお過ごしでしょうか。 さて、今月から特集でご紹介しているスロヴェニアですが、今回からリュブリャナの外にでた見どころを紹介していきます。  [詳細はこちら]

編集部便り

ユングフラウ鉄道全線開通100周年を記念した新アトラクション!

ユングフラウ鉄道全線開通100周年を記念した新アトラクション!

アルプスを貫き、ヨーロッパ最高地点の鉄道駅へと結ぶスイスを代表する登山鉄道「ユングフラウ鉄道」が今年、いよいよ全線開通100周年を迎える。 それに伴い記念事業が多数予定されているが、そのハイライトとしてユングフラウヨッホ  [詳細はこちら]

スイス

コペンハーゲンの港に新たなプールが完成

コペンハーゲンの港に新たなプールが完成

人が泳げるほど綺麗な港をもつ都市というのはヨーロッパでも決して多くはないが、この程コペンハーゲンには3番目となる港湾プールが完成した。 これは近代化された下水処理システムにより泳ぐことができるプールで、また地元の寒中水泳  [詳細はこちら]

デンマーク

第13回ドクメンタ、今回のテーマは「崩壊と再建」

第13回ドクメンタ、今回のテーマは「崩壊と再建」

2012年6月9日から9月16日まで、中部ドイツのカッセルで現代美術の祭典「第13回ドクメンタ」が開催される。 この「ドクメンタ」とは、カッセル出身の画家であり芸術アカデミー教授、アルノルト・ボーデによって、ナチス党に禁  [詳細はこちら]

ドイツ

リュブリャナ街歩き

リュブリャナ街歩き

いつも旅コムをご覧頂きありがとうございます。ようやく春めいてきたと思ったらこの寒さ。花粉やら乾燥した空気で、私の鼻はグシュグシュ、お肌もすっかりボロボロになっています。 さて、今日はスロヴェニア特集でご紹介しているリュブ  [詳細はこちら]

スロヴェニア, 編集部便り

マヨルカ島の「ラ・レジデンシア」に彫刻ガーデンが登場!

マヨルカ島の「ラ・レジデンシア」に彫刻ガーデンが登場!

地中海屈指の人気リゾート、マヨルカ島。トラムンタナ山脈の麓にある海岸沿いの村、デイアに世界中から訪れた多くの芸術家は、その美しさとボヘミアン的な雰囲気に魅せられてきた。 そのままデイアに住みつき芸術活動を続ける芸術家は少  [詳細はこちら]

スペイン

このページの先頭へ