更新日 : 2017年05月03日

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 暮らすように旅するインスブルック
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed



Innsbruzk_GrandHotelEuropa_02

上質なサービスを提供するインスブルックの5ッ星ホテル



長期滞在に最適な町インスブルック

晴天率はアルプス随一! 夏は涼しく冬の寒さもマイルドで、治安も安定。気候・インフラ・地理的条件のすべてを満たすインスブルックは、国内外からの観光客に人気のホリデー・デスティネーション。そこでお勧めしたいのが、インスブルックで暮らすような旅が楽しめる長期滞在である。


エスプレッソを味わいに、ちょっとイタリアまで

古くからドイツとイタリアとを結ぶ宿場町として栄えたインスブルック。イン川の畔に広がるこの町は、小さいながらもコスモポリタンとしての長い歴史を持つ。そのため異国の文化に寛容で、気さくでフレンドリーな人が多く、とにかく居心地が良い。

Bridge-to-Italy

ハーフェレカーの展望台から見たイタリアへの橋

インスブルックは滞在中、夏ならハイキング、冬ならウインタースポーツをしながらアルプスの大自然と戯れるにも理想的だが、夏は「初期音楽フェスティバル」をはじめ無料の屋外コンサート(王宮)、ルネッサンス時代のお祭り(アンブラス城)、冬ならロマンチックなクリスマスマーケットから蚤の市まで、年間を通じて楽しめる文化イベントが目白押しなので、そうしたイベントに出かけて地元の人と交流を楽しみながら、ローカル感を満喫するにもお勧めである。

もちろん、市内にあるすべての博物館や公共交通機関、ロープウェイやケーブルカー、リフトなどが無料になる「インスブルックカード」をフルに活用した街歩きも楽しい。

コングレス駅からハイブリッド・フニクラー鉄道「フンガーブルクバーン」と、ロープウェイの「ゼーグルーベバーン」と「ハーフェレカーバーン」を乗り継いで到着するハーフェレカー(標高2342メートル)の展望台へと行き、眼下に広がるインスブルックの町を一望していると、先の方に一本の橋が見える。

これはオーストリアとイタリアを結ぶ橋で、国境まで町の中心部からたったの40分。そのためインスブルックを起点にすると、本場のエスプレッソを飲みにイタリアまで、ふらっと出かけることもできる。
イタリアに限らず、ドイツやスイスも目と鼻の先。ホテルにスーツケースを置きっぱなしにして、気ままに隣国の町まで日帰りで出かけられる町は、そう多くはない。
 


Innsbruck  Innsbruck />

左:アルプス随一の晴天率を誇るインスブルック
右:蚤の市なども開催されている



日本人も快適なインスブルックのホテルやレストラン

そんな長期滞在に最適なインスブルックだが、意外にもアパートメントタイプの宿泊施設が少ないため、短期長期に関わらずホテルが主たる滞在先となる。

「グランドホテル・ヨーロッパ」は、インスブルック中央駅の前にある5ッ星ホテル。繁華街にも近く、また鉄道移動を含む滞在にも快適で便利なホテルである。イタリア人の宿泊客も多く、ロビーやレストランなど至るところでイタリア語が聞こえてくる。

Innsbruzk_GrandHotelEuropa_01

中央駅前の5ッ星ホテル
「グランドホテル・ヨーロッパ」

恐らく何度もここを訪れているのだろう。複数の言語を楽に操るオーストリア人スタッフと、親しげに会話を交わすイタリア人観光客。朝食のビュッフェにあるワッフルやケーキは、朝は甘いパンとカプチーノで簡単に済ませてしまうイタリア人にとっては、きっと自宅にいるような心地良さを感じているに違いない。

とはいえ、豊富なハムやソーセージ、チーズに卵料理、サラダ、フルーツ、ヨーグルト、そしてパンの数々は、朝食をしっかり取りたい日本人にも大満足の内容で、休暇気分を贅沢に味わうならシャンパン・ブレックファーストも楽しめる。

シンプルで上品な客室も使い勝手が良く、何より滞在中の部屋の清掃も、日本人も満足のいく完璧なまでの仕上がり。聴くところによると、これはインスブルックに拠点を置く「ジャパン・チロル・コーディネーション」(以下、JTC)の働きによるものだという。JTCでは「テーマ旅行」や「教育旅行」「長期滞在個人旅行」などの企画・手配に力を入れており、日本人観光客を誘致するために市内の各ホテルを巡り、日本人でも満足するサービス内容を細かく伝えた上で、ホテル側の協力を仰いでいるそうだ。

JTCのこうした活動はホテルだけに止まらず、町の中心部にあるレストランに、日本人の個人旅行客でも安心してチロルの美味しい食事が満喫できるよう、日本語メニューを置かせてもらったりしている。
もちろん、市内の全店にそうした日本語メニューが置かれているわけではないが、ドイツ語も英語もチンプンカンプンというツーリストにとって、これは何とも有り難いサポートに違いない。

ヨーロッパで日本人のための観光インフラがここまで整うのは、インスブルックが一番のような気がする。
 


ホテルの客室 ホテルの客室

左:清掃が行き届いたホテルの客室
右:パンの種類も豊富な5ッ星ホテルの朝食ビュッフェ



Grand Hotel Europa Innsbruck

http://www.grandhoteleuropa.at


次回は「RAILJETに乗ってインスブルックからザルツブルクへ」

 



このページの先頭へ