オランダ

106件中 11~20件を表示しています

アイントホーフェンでダッチ・デザイン体験

アイントホーフェンでダッチ・デザイン体験

「ダッチ・デザイン・ウィーク」は、毎年およそ30万人が来場する北ヨーロッパ最大のデザインイベントだ。開催地のアイントホーフェン市内には100ヶ所以上の会場が設置され、そこに工業、コンセプト、グラフィック、テキスタイル&フ  [詳細はこちら]

オランダ

2017年12月公開映画『謎の天才画家ヒエロニムス・ボス』

2017年12月公開映画『謎の天才画家ヒエロニムス・ボス』

2016年に没後500周年を迎えた謎の天才画家ヒエロニムス・ボスの三連祭壇画「快楽の園」を、各方面の専門家が紐解いていく映画『謎の天才画家ヒエロニムス・ボス』(原題:EL BOSCO El jardín de los s  [詳細はこちら]

アート, オランダ, 映画/番組情報, 編集部便り

タリスに「プレミアム」導入で料金設定が3タイプへ

タリスに「プレミアム」導入で料金設定が3タイプへ

パリとベルギーやオランダ、そしてドイツ西部を結ぶ高速列車タリスの料金設定が2017年12月10日以降、従来の2タイプから3タイプに変更される。座席クラスは1等車に相当する「コンフォート1」と、2等に相当する「コンフォート  [詳細はこちら]

オランダ, ドイツ, フランス, ベルギー, レイルヨーロッパ

ゴッホの足跡を訪ねて「ルート・ファン・ゴッホ・ヨーロッパ」

ゴッホの足跡を訪ねて「ルート・ファン・ゴッホ・ヨーロッパ」

何年もの間、ヨーロッパ各地を転々としていた巨匠ファン・ゴッホ。そんなヨーロッパには、ゴッホゆかりの地やゴッホの作品を展示所蔵、さらに研究が行われている場所を結んだ観光街道「ルート・ファン・ゴッホ・ヨーロッパ」がある。 「  [詳細はこちら]

アート, オランダ

世界最古の動くプラネタリウム「ロイヤル・エイセ・エイシンガ」

世界最古の動くプラネタリウム「ロイヤル・エイセ・エイシンガ」

オランダ北部のフリースランド州、人口1万3,000人ほどが暮すフラネケル(Franeker)という小さな町に、現在稼働するプラネタリウムの中では世界最古と言われる「ロイヤル・エイセ・エイシンガ・プラネタリウム」がある。   [詳細はこちら]

オランダ

タリス、主要駅でセキュリティチェック導入

タリス、主要駅でセキュリティチェック導入

パリとブリュッセルやアムステルダムなどを結ぶ高速列車「タリス」は、ブリュッセル南駅、アントワープ中央駅、リエージュ・ギユマン駅において、乗車前にセキュリティチェックが行われるようになった。そのためタリスに乗車する際は、早  [詳細はこちら]

オランダ, フランス, ベルギー, レイルヨーロッパ

オランダ政観、H.I.Sと「aruco オランダ」刊行記念のトークイベントを開催

オランダ政観、H.I.Sと「aruco オランダ」刊行記念のトークイベントを開催

「地球の歩き方」でお馴染みのダイヤモンド社が発行する旅好き女子のためのプチぼうけん応援ガイド「aruco」。その aruco オランダ編 の刊行を記念し、7月12日にオランダ政府観光局が aruco と H.I.Sとの共  [詳細はこちら]

オランダ, 編集部便り

デ・スタイル100年、モンドリアンの大回顧展がスタート

デ・スタイル100年、モンドリアンの大回顧展がスタート

19世紀にオランダで生まれた「デ・スタイル芸術運動」が100周年を迎えた2017年、オランダ各地で「モンドリアンからダッチ・デザインへ」と題した、デ・スタイルから現代のダッチデザインへの流れを読み解く企画展やイベントが予  [詳細はこちら]

オランダ

ロイヤルデルフト、ファッションデザイナーとの企画展

ロイヤルデルフト、ファッションデザイナーとの企画展

ロイヤルデルフトは、17世紀から続くデルフトブルー(藍色)陶器の唯一の窯元。伝統は受け継がれ、現在もすべて手作業で絵付けが行われている。そんなロイヤルデルフトが、オランダ人デザイナーのテス・ファン・ザリンゲ(Tess v  [詳細はこちら]

オランダ

マウリッツハウス美術館、2017年の企画展

マウリッツハウス美術館、2017年の企画展

オランダ黄金時代の17世紀、オランダの文化はかつてないほど繁栄した。チューリップ、青いデルフト陶器、主として豪商たちのために数々の名画が生みだされ、今ではそれがオランダを象徴するものとなっている。 ハーグの中心部にあるマ  [詳細はこちら]

オランダ

1 2 3 4 5 6 7 11

このページの先頭へ