オランダ

96件中 31~40件を表示しています

2016年、ゴッホ美術館所蔵「ひまわり」の展示について

2016年、ゴッホ美術館所蔵「ひまわり」の展示について

アムステルダムのゴッホ美術館が所蔵する「ひまわり」は、修復のための調査に入る。そのため、同作品は2016年1月18日から3月24日まで(予定)ゴッホ美術館に展示されないため、訪問の際には注意が必要となる。最新情報は、ゴッ  [詳細はこちら]

オランダ

≪2016年≫ オランダの注目イベント

≪2016年≫ オランダの注目イベント

画家のヒエロニムス・ボス没後500年など、様々なイベントが予定されている2016年のオランダ。注目したい主なイベントは以下の通り。 開催日(時間)イベント名開催地/会場 2016年1月8~18日 アムステルダム  [詳細はこちら]

オランダ

アムステルダムで無料で楽しめる10のこと

アムステルダムで無料で楽しめる10のこと

1 本格的なアーティストや楽団の無料コンサート アムステルダムを代表する3つのコンサートホール(クラシックの殿堂「コンセルトヘボウ」、オペラ&バレエの「ミュージックシアター」、ジャズなど幅広いコンサートの「ミュージックヘ  [詳細はこちら]

オランダ

2016年はヒエロニムス・ボス没後500年(2)

2016年はヒエロニムス・ボス没後500年(2)

ヒエロニムス・ボスは、怪物、悪魔、天使、聖人などが登場し、幻想と奇怪、悪夢を表現しながら誘惑、罪などを説くといった、他に類をみない独特の作風を特徴とし、15世紀に人気を博したオランダ人画家。1450年頃、アムステルダムか  [詳細はこちら]

オランダ

2016年はヒエロニムス・ボス没後500年(1)

2016年はヒエロニムス・ボス没後500年(1)

1450年頃、オランダ南部の町デン・ボッシュ(正式名称はスヘルトゲンボス)に生まれた画家ヒエロニムス・ボス。ボスの作品には怪物、悪魔、天使、聖人などが登場し、幻想と奇怪、悪夢を表現しながら誘惑、罪などを説くといった、他に  [詳細はこちら]

オランダ

オランダの夏を彩る花パレード in ウェストランド

オランダの夏を彩る花パレード in ウェストランド

「花の国」オランダでは、春だけでなく8月から9月上旬にかけても各地で、夏の花を使った花パレードが毎週のように行われている。夏らしく水にボートを浮かべた山車もあり、地元の人の間でも人気がある。 そうした夏の花パレードでお勧  [詳細はこちら]

オランダ

ユトレヒトの「ミッフィー60周年記念」イベント

ユトレヒトの「ミッフィー60周年記念」イベント

オランダ・ユトレヒト出身のグラフィックデザイナーであり、絵本作家でもあるディック・ブルーナ氏が、その代表作となる「ミッフィー」が登場する最初の絵本を発表したのは、1955年6月21日のこと。2015年は、そのミッフィーの  [詳細はこちら]

オランダ

マウリッツハウス美術館 2015~2016年の企画展

マウリッツハウス美術館 2015~2016年の企画展

2014年に改修を終えリーニュアルオープンしたハーグのマウリッツハウス美術館は、フェルメールの『真珠の耳飾りの少女』やレンブラントの『テュルプ博士の解剖学講義』など、オランダ黄金時代の名画を所蔵する珠玉の美術館。 マウリ  [詳細はこちら]

オランダ

高速鉄道「タリス」に乗ってゴッホの足跡をたどる

高速鉄道「タリス」に乗ってゴッホの足跡をたどる

ベルギーとの国境に近い村ズンデルトで生まれ、オランダ南部で育ったヴィンセント・ファン・ゴッホ。ブリュッセル、ロンドン、そしてパリで働き、アムステルダムで学んだ後、ブリュッセルの南にあるボリナージュで宣教師になった。その数  [詳細はこちら]

オランダ, フランス, ベルギー, レイルヨーロッパ

アムステルダムで空港探検ツアーを楽しむ

アムステルダムで空港探検ツアーを楽しむ

飛行機好きなら、アムステルダム・スキポール空港の舞台裏が見られる「スキポール・ビハインド・ザ・シーン」に参加してみてはいかがだろうか。 アムステルダム・スキポール空港は、年間5,500万人もの人が利用するオランダの玄関口  [詳細はこちら]

オランダ

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

このページの先頭へ