オランダ

100件中 51~60件を表示しています

マウリッツハウス美術館の「フリックコレクション」展

マウリッツハウス美術館の「フリックコレクション」展

ハーグにある「マウリッツハウス美術館」は、フェルメールの最高傑作ともいわれる「真珠の耳飾の少女」を所蔵する珠玉の美術館。2014年6月にリニューアルオープンした同美術館で、2015年2月5日から5月10日まで「フリックコ  [詳細はこちら]

オランダ

世界初!「ルーベンス 家族の肖像画」展

世界初!「ルーベンス 家族の肖像画」展

アントワープで活躍した画家ピーテル・パウル・ルーベンスの企画展がこの春、同市にあるルーベンスが自宅兼アトリエとして使っていた「ルーベンスの家」で開催される。 ルーベンスが描いた作品の中で、恐らく画家が最も心を込めて描いた  [詳細はこちら]

オランダ

2015年4月開催「オランダ ~ ベルギー・フランダース in 東京散走」

2015年4月開催「オランダ ~ ベルギー・フランダース in 東京散走」

オランダ政府観光局とベルギー・フランダース政府観光局ならびにKLMオランダ航空は2015年春、東京都内にて第3回目となるサイクリングイベント「オランダ ~ ベルギー・フランダース in 東京散走 2015」を開催する。   [詳細はこちら]

オランダ, ベルギー, 国内イベント

「ゴッホ没後125年」に楽しみたいゴッホ・メニュー

「ゴッホ没後125年」に楽しみたいゴッホ・メニュー

「ゴッホ没後125年」にあたる2015年は、世界各地でこれを記念したイベントが予定されているが、ゴッホの生まれ故郷のオランダではゴッホ美術館やクレラーミュラー美術館、ゴッホの故郷ブラバント地方、キューケンホフ公園で、様々  [詳細はこちら]

オランダ

ロッテルダムの新しい世界遺産「ファン・ネレ工場」

ロッテルダムの新しい世界遺産「ファン・ネレ工場」

1920年頃、コーヒー、紅茶、煙草工場として建てられ、ヨーロッパの近代建築の発展に大きな影響を与えたロッテルダムの「ファン・ネレ工場」が、2014年ユネスコ世界文化遺産に登録された。 このファン・ネレ工場は、ガラスやスチ  [詳細はこちら]

オランダ

オランダの小京都、ハーレム

オランダの小京都、ハーレム

オランダ黄金期に繁栄したハーレムは、ニューヨークのアフリカ系アメリカ人の文化の中心として知られる町。この地に入植したオランダ移民によって名づけられたと言われている。 そんなイメージとは程遠いオランダの元祖ハーレムは、スパ  [詳細はこちら]

オランダ

2015年の春夏、ゴッホ美術館の作品貸出について

2015年の春夏、ゴッホ美術館の作品貸出について

アムステルダムのゴッホ美術館では、2015年9月24日から2016年1月17日までゴッホ没後125年を記念した「ムンクとゴッホ」展が開催される。それに先立ち、オスロでの同企画展のため2015年5月7日から9月6日まで、ア  [詳細はこちら]

オランダ

2015年キューケンホフ公園のテーマは「ゴッホ没後125年」

2015年キューケンホフ公園のテーマは「ゴッホ没後125年」

2015年のテーマはゴッホ没後125年 2015年のキューケンホフ公園のテーマは、ゴッホの没後125年を記念して「ゴッホの人生と作品」になった。見どころはチューリップやムスカリなど、6万本もの花でゴッホの作品を再現した「  [詳細はこちら]

オランダ

オランダ最大のデザイン・イベント「ダッチ・デザイン・ウィーク」

オランダ最大のデザイン・イベント「ダッチ・デザイン・ウィーク」

オランダ南部の町、アイントホーフェンで開催される「ダッチ・デザイン・ウィーク」は、デザインに関心を持つ約20万人が訪れるオランダ最大のデザインイベントだ。 開催期間中、工業デザイン、コンセプトデザイン、グラフィックデザイ  [詳細はこちら]

オランダ

ゴーダのチーズ市

ゴーダのチーズ市

オランダ南西部、デン・ハーグとユトレヒトの間にあるゴーダは、有名なチーズの産地。赤い木枠が愛らしい市庁舎のあるマルクト広場では、4月~8月の毎週木曜の10時から13時にチーズ市が開かれている。 12世紀末からゴーダで行わ  [詳細はこちら]

オランダ

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

このページの先頭へ