オーストリア

181件中 21~30件を表示しています

ウィーン美術史博物館、ウィーン楽友協会資料室と特別展「躍動するベートーヴェン」を共催

ウィーン美術史博物館、ウィーン楽友協会資料室と特別展「躍動するベートーヴェン」を共催

ウィーン美術史博物館はこの春、2020年に生誕250周年を迎えるルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770-1827)への敬意を独特な方法で表現する特別展「躍動するベートーヴェン」を開催する。 ウィーン楽友協会資料室  [詳細はこちら]

オーストリア, 音楽

レハール生誕150周年 ~ バート・イッシュルで「レハール音楽祭」開催

レハール生誕150周年 ~ バート・イッシュルで「レハール音楽祭」開催

オペラは他国でも楽しめるが、洒落たセリフと軽やかなダンスが売りの「オペレッタ」はオーストリアならではの芸術エンターテインメント。2020年、オペレッタの「銀の時代」を代表する作曲家フランツ・レハールが、生誕150周年を迎  [詳細はこちら]

オーストリア, フェスティバル, 音楽

ザルツブルク音楽祭、ヤンソンス氏の死去を受け新たな指揮者を発表

ザルツブルク音楽祭、ヤンソンス氏の死去を受け新たな指揮者を発表

ラトビア出身の世界的な指揮者マリス・ヤンソンス氏(享年76歳)が2019年11月30日、サンクトペテルブルクの自宅で死去。この訃報を受け、ザルツブルクで新たな指揮者が発表された。 マリス・ヤンソンス氏はオーストリア留学時  [詳細はこちら]

オーストリア, フェスティバル, 音楽

創立150周年を迎えた「ウィーン楽友協会」 2020年のオープンドアは2月29日

創立150周年を迎えた「ウィーン楽友協会」 2020年のオープンドアは2月29日

世界的に知られるクラシックの殿堂「ウィーン楽友協会」が2020年、創立150周年を迎える。ここで音楽を鑑賞することは、音楽の都の精髄に触れることとなる。 列柱、破風、レリーフで飾られた寺院のような、カールスプラッツ広場に  [詳細はこちら]

オーストリア, 音楽

2020年春、ウィーンに「アルベルティーナ近代美術館」がオープン!

2020年春、ウィーンに「アルベルティーナ近代美術館」がオープン!

2020年3月13日、ウィーンのカールスプラッツ5番地に「アルベルティーナ近代美術館」がオープンする。これは、アルベルティーナの2つ目となる最新の国立ミュージアムで、総面積2.000平方メートルの館内に5,000人の芸術  [詳細はこちら]

アート, オーストリア

ロンリー・プラネット 「2020年行くべき世界の都市」にザルツブルクを選出

ロンリー・プラネット 「2020年行くべき世界の都市」にザルツブルクを選出

ロンリー・プラネットが、2020年の「ベスト・イン・トラベル、トップ・シティ」にの第1位にザルツブルクを選出。ザルツブルクは来年「ザルツブルク音楽祭」が100周年を迎え、またバロック文化と「音楽の都 ザルツブルク」におけ  [詳細はこちら]

オーストリア

2020年は、100周年を迎える「ザルツブルク音楽祭」へ

2020年は、100周年を迎える「ザルツブルク音楽祭」へ

現在、世界で最も高い評価を受けている音楽祭「ザルツブルク音楽祭」が、2020年に創設から100周年を迎える。期間中は、およそ20の会場で200以上の公演が行われる。 戦争で荒廃したヨーロッパの人々を和解させることを目的に  [詳細はこちら]

オーストリア, フェスティバル, 音楽

2020年の「モーツァルト週間」でモーツァルトの宇宙を発見!

2020年の「モーツァルト週間」でモーツァルトの宇宙を発見!

ザルツブルク国際モーツァルテウム財団が主催する「モーツァルト週間」は、世界で最も有名なモーツァルトのフェスティバル。2020年のこの熱狂的なフェスティバルは、シーズン幕開けとなる1月23日から2月2日までの開催。音楽監督  [詳細はこちら]

オーストリア, フェスティバル, 音楽

よりフレキシブルで魅力的になったウィーン市公式カード「Vienna City Card」

よりフレキシブルで魅力的になったウィーン市公式カード「Vienna City Card」

「Vienna City Card」は、ウィーンでの市内散策の強い味方となってくれるウィーン市の公式シティカード。このパスの所有者は、設定された期限内(24時間/48時間/72時間)でウィーン市内の公共交通機関が無料で利  [詳細はこちら]

ウィーン

マロニエの木の下で美味しいビールを!ザルツブルクの一押し醸造所「アウグスティーナー」

マロニエの木の下で美味しいビールを!ザルツブルクの一押し醸造所「アウグスティーナー」

今年も各所で猛暑が報じられているヨーロッパだが、日本に比べて湿度が低いため朝晩も涼しく過ごしやすい。夏至の前後は夜10時近くまで明るいザルツブルクでは、木陰に座って爽やかな風に吹かれながら楽しむビールも格別である。そこで  [詳細はこちら]

オーストリア, フード体験

1 2 3 4 5 6 7 8 19

このページの先頭へ