オーストリア

118件中 11~20件を表示しています

ÖBBが新バス路線運行、オーストリア~イタリア間

ÖBBが新バス路線運行、オーストリア~イタリア間

オーストリア連邦鉄道(ÖBB)は、新たなバス路線としてオーストリア・クラーゲンフルト~イタリア・ウーディネ/ヴェネツィア線、オーストリア・フィラッハ~イタリア・ウーディネ/ヴェネツィア線の運行を3月6日から開始した。 料  [詳細はこちら]

イタリア, オーストリア

ウィーン市が 「UTAU DAIKU in ウィーン」 の主催者に勲章を授与

ウィーン市が 「UTAU DAIKU in ウィーン」 の主催者に勲章を授与

東日本大震災の復興プロジェクトとして2014年にスタートした「UTAU DAIKU in ウィーン」。その功績が称えられ、同イベントの主催者で世界音楽合唱チャリティー協会の会長である林明男氏が、ウィーン市より「金の功労勲  [詳細はこちら]

オーストリア, 編集部便り

日本にいながら憧れのウィーンをヴァーチャル・リアリティー体験

日本にいながら憧れのウィーンをヴァーチャル・リアリティー体験

楽器が弾けなくても大丈夫!2017年3月24日から26日まで、椅子に座るだけでオーケストラの一員となり、ウィンナー・ワルツが奏でられる体験コーナー「オーケストラの一員になろう!ウィーンになろう」が、東京の丸の内にお目見え  [詳細はこちら]

ウィーン, 国内イベント

ザルツカンマーグートを巡る乗り降り自由の周遊バス

ザルツカンマーグートを巡る乗り降り自由の周遊バス

ザルツブルク発の観光バス「ホップオン・ホップオフ バス」に、湖水地方コースが登場した。これにより、今まで乗り換えが面倒だったザルツカンマーグートが、個人でも自由に観光できるようになった。 このパスがあれば1日目はモーツァ  [詳細はこちら]

オーストリア

エスターハージーの春のシーズン、2つの新たな展示会とともにスタート!

エスターハージーの春のシーズン、2つの新たな展示会とともにスタート!

ウイーンの南東に広がるアイゼンシュタット・ブルゲンランドは、オーストリアで最も早く春が訪れる場所。エスターハージー宮殿、古城フォルヒテンシュタイン、ラッケンバッハ宮殿とエスターハージー文化と所有地の自然公園が、最初の侯爵  [詳細はこちら]

オーストリア

ウィーンとプラハを拠点に古都を巡る鉄道の旅

ウィーンとプラハを拠点に古都を巡る鉄道の旅

今回レイルヨーロッパジャパンがお勧めするのは、中欧の人気都市ウィーンとプラハを拠点に古都や村を巡る8日間の鉄道の旅。使用する鉄道パスは、オーストリアとチェコで有効なユーレイルパスで、ウィーン滞在中には隣国スロヴァキアの首  [詳細はこちら]

ウィーン, チェコ, レイルヨーロッパ

映画音楽の都ウィーン

映画音楽の都ウィーン

ヨハン・シュトラウス2世作曲『美しく青きドナウ』、オペラ座、そしてウィーン・フィル… 世界的に知られ高く評価されている音楽の都ウィーンだが、これは独立した音楽ジャンルである「映画音楽」にも当てはめられる。 ハリウッド・イ  [詳細はこちら]

ウィーン

特集「フィンエアーで行く、インスブルックとザルツブルク」 随時更新中

特集「フィンエアーで行く、インスブルックとザルツブルク」 随時更新中

2016年9月、惜しまれつつも日本路線から撤退したオーストリア航空。これにより日本からオーストリアまでの直行便がなくなってしまいましたが、そうした穴埋め需要に積極的に取り組んでいるのが昨今、若い女性を中心に日本でも人気急  [詳細はこちら]

オーストリア, フィンエアー

アルベルティーナ美術館で「エゴン・シーレ展」開催

アルベルティーナ美術館で「エゴン・シーレ展」開催

挑発的でメランコリック、そして極めて主観的であると同時に寓意的な作品を描いたエゴン・シーレ。そんなシーレの没後100周年に先立ち、ウィーンにあるアルベルティーナ美術館では、2017年2月22日から包括的な特別展を開催する  [詳細はこちら]

ウィーン

平和を祈るクリスマス聖歌『きよしこの夜』

平和を祈るクリスマス聖歌『きよしこの夜』

オーストリアのザルツブルク郊外にあるオーベルンドルフという小さな村で生まれたクリスマス聖歌『きよしこの夜』。この曲が村の小さな礼拝堂で披露されたのは、ナポレオン戦争でヨーロッパが疲弊していた1818年のことです。 今から  [詳細はこちら]

オーストリア, 編集部便り

1 2 3 4 5 6 7 12

このページの先頭へ